英検1級面接で求められる発音のレベル:AIに裁かれる面接

英検1級の面接合格レベルの発音とは?

昨晩東京で地震があったみたいですね

関東の皆さんは大丈夫でしたか?

私は子供の頃、阪神大震災で震度7を経験してるので大人になった今でも相変わらず地震の恐怖が残っています

南海トラフ地震は来ると言われてるし日頃から水や食料を保管したり地震に備えておかないといけないですね

今日は英検1級の面接に合格するレベルの英語の発音について書こうと思います

やっぱ非ネイティブの日本人にとって発音は難しい

英語の発音ってやはり日本人にとって難しものだと思う

親がハーフで子供のころから英語の環境で生まれ育ったとか、帰国子女で子供のころから英語圏で生まれ育ったとかそういう人は除外するとして、一般的な日本で生まれ育った日本人にとっては英語の発音は苦労するもの

無論日常会話で話せと言われれば英語は話せるけどその発音が果たして正しく正確な物なのかはわからない

なんで日本人にとって英語の音を出すのがむずかしいのかというとそれは日本語の特徴にあると思う

日本語は音の変化が少なく平坦であること

これが大きな原因かと思う

逆に英語が音の変化が激しい言語です

つまり日本語というのは一定の平坦な変化の少ない音で構成されているけど、英語は音の高低が激しくけんかする言語なので180度音の出し方が違うわけですね

そう考えたら日本語を普段から話し慣れている我々が英語をしゃべるときに苦労するのは納得できます

あと、これは自分の根拠のない考えなんで正しいかどうかはわかりませんが日本人の身体的特徴も影響してる気がします

例えば舌👅の長い短い

これって英語の音を出すときになんだかの影響あると思うんですよね

実際英語は舌を動かして出す言語なわけでね…

日本人より英語圏の人の方が舌の長さが長い気がする

そして何より日本人同士で比べても男性より女性の方が発音上手い人が多きと思いませんか?

あれ女性の方が身体的な特徴として男性より舌の長さが長いから英語の音を出し易いのかと…

今この記事を読んでる人で音声学を研究してるような大学の研究者の人がいるなら是非男女別の日本人の舌の長さを調査してほしいです笑

なんで女性の方が英語の発音が上手い人が多いのかという研究テーマで舌の長さを調査したら面白い結果がでるかもしれませんので是非結果をメールしてくれたらうれしいです笑

そんな感じで英語の発音は日本人にとって結構難しいハードルです

英検1級の合格レベルの発音とは?

本題の英検級の合格レベルの発音とはどれくらいなんでしょうか?

これ世間一般的なイメージとしてネイティブレベルの発音でないと合格できないとかそんな間違った情報が先行していますが、実際そんなことはありません

私自身もネイティブの発音はできませんし、それでも面接の合格していますから

ただ、英検1級の面接が厳しいのはただ単に英語を話せるというのではなく、正確に発音ができて相手に聴き取りやすい英語を話せるかがポイントになるはず!

正確な発音
聴き取りやすい英語

この2点は大事なポイントだと思います

この2つを意識せずに旅行先や外国人の友達と話す感覚で英語を話してしまうとマズイかもしれない

単に英語が話せるだけでOKという採点基準は英検準1級まで

やっぱり英検1級になるとより精度の高い英語を求めているということです

単に英語が話せるだけでいいというなら準1級で十分だし、わざわざ英検1級という急を設ける必要がないわけですから…

どのように発音を評価しているのか?

英検1級の2次試験(面接)での発音に関する採点項目は10点満点で評価されます

この10点満点の内合格するためには6~7点を取る必要があります

6以下なら他の採点項目の点数が高くても不合格になりますので6~7は絶対に目指さなくてはならない点数です

6~7という点数を満たすためにはどうしたらいいのか?

それは既に書きました

正確な発音
聴き取りやすい英語

この2点を満たしてること最低条件です

なので6~7という数字でも正確な発音や聴き取りやすい英語を話せるようになるためにトレーニングが必要になるのでそれなりに努力しないといけません

又、英検1級においては数年前に改定されてからは試験官と受験者の会話が録音されるのと同時にAIが採点に加わって各採点項目が評価されます

以下の記事でAIによる採点評価方法の仕組みを少し解説しています

従来の人間の面接官の採点のみならずAIという機械が採点に参加しているので誤魔化しが効かなくなっていることにも注意しなければなりません

AIは融通が利かないんで厄介ですよね笑

そういう意味で私はAIとうものを万能マシンとは思ってませんが人間以上に評価はどうしても辛口になるし、機械なんでミリミリの発音の正確さを評価するはずなんで1級に合格したいなら発音は結構大事なんだと思います

まあそういう意味で今の英検1級の試験は帰国子女や英語の環境で生まれ育ったネイティブの人に近い発音で話せる人なら発音項目の点数を稼げるので有利になるとは思います。

でも帰国子女は背景知識とかバックボーンが弱い人も多いので別に帰国子女だからって合格に有利になるわけではないので誤解しないで欲しいですし落胆しないでください笑

とにかく英検1級の面接に挑む場合は最低限の発音の知識は身に付けておくべきだという話です

別にネイティブみたいな英語じゃなくていいので合格の基準を満たしたいなら正確に聴き取りやすい英語を意識して面接に挑みましょう

今日はそんなお話でした!

ENGLISH INFO Café https://worldjapantraveller.international/

投稿者: kerosuke10

大学卒業後、いろいろあって海外を30カ国以上放浪していた経験があります。そうした中、居心地が良すぎて現地で仕事を始めてしまい、住み着いてしまった国も何カ国かあり普通の人と比較してグローバルなマインドを持った人かもしれません 相変わらず山あり谷ありの人生ですがポジティブさを忘れることなく前向きに頑張っています。 ブログでは主に英語学習の情報を中心に発信していきます。 特技:海外にも住んでたこともあり英語は得意です。メーカーなどで翻訳・社内通訳業務の経験もあります。 資格:英検1級、TOEIC960、スキューバダイビング(オープン・ウォーター)、普通自動車免許、その他国家資格等 趣味:旅行(国内・海外)、散歩、映画鑑賞、アニメ鑑賞、ランニング、筋トレ(腹筋ローラー買いました)

英検1級面接で求められる発音のレベル:AIに裁かれる面接」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。