いかにもTOEIC出そうな就職問題についての記事

よく出題されるジャンル?

社会問題系の新聞記事はTOEICにも頻出

雇用問題、環境問題、経済問題、ビジネス関連の記事は良くTOEICの解読問題で出題されますよね

さっきたまたまネットでニュース記事を読んでいたらTOEICの学習に役立ちそうな記事を見つけたので紹介しようと思う

今コロナによる不況で失業者や失業者予備軍が沢山いるので今の世の中にリンクする記事をピックアップしました

今自民党の総裁選が行われていますがどの候補も結局は緊縮財政で経済対策は全て曖昧

話題の高市早苗さんも財政出動するんだとアピールしておきながら増税しないのかと聞かれるとダンマリで完全に増税派ということがバレバレ

財政出動と増税なんてブレーキ踏みながらアクセル踏んでるようなもん

結局、この人も菅の政策を承継するだけなんだとよくわかりました

あと河野なんてCSIS Japanの手先だしお仲間の利権をための政治家だし竹中平蔵も接近中だからありえないでしょ笑

そんなわけで日本の経済に未来はないので雇用情勢は今後も大きな問題です

なので今回紹介する英語記事は面白いかもしれません

アメリカでのEntry-Level(未経験者職)の仕事の職探しの現状

‘Entry-level’ jobs used to be the way for new graduates to enter the workforce. But many are now requiring prior experience.

As anyone who’s graduated from university or applied for their first job in recent years can attest to, something new – and alarming – has happened to entry-level jobs: they’ve disappeared.

A recent analysis of close to 4 million jobs posted on LinkedIn since late 2017 showed that 35% of postings for “entry-level” positions asked for years of prior relevant work experience. That requirement was even more common in certain industries. More than 60% of listings for entry-level software and IT Services jobs, for instance, required three or more years of experience. In short, it seems entry-level jobs aren’t for people just entering the workforce at all. 

And while that first job is harder than ever to get, it’s also more important than ever, says Alan Seals, an associate professor of economics at Auburn University, US. It may be the bottom-most rung on the employment ladder, but a worker’s first position sets the tone for their career.

“The most important time in your career is the first three years,” he says. “The quality of your first employer really matters. So, how do you get that first job?”

The simple answer is workers need something more than motivation or a college degree to enter the workforce now, whether it’s lots of internships, or the connections to get around a complex application process without an algorithm weeding them out. But not everybody has access to those advantages, and the result is that workers are being left behind.

The rise of the internship 

An ever-growing internship market means more young people are fleshing out their resumes before they even leave university, says Seals, who notes many students are now getting their first internship after first year.

“Internships are now the entry level,” he says. “Most of the students in college are doing or trying to do internships, and now it’s increasingly common to do more than one.”

Internships are now the entry level – Alan Seals

Seales says this fact impacts the entry-level job market on multiple fronts. First, companies can save money by using interns to do that work without having to pay junior employees; the more interns a company has, the fewer entry-level jobs it’s likely to open.

Second, because applicants with one or more internships on their resume aren’t tough to come by, those who don’t have internship experience are left out in the cold. That can happen to students who can’t afford an unpaid or low-paid internship, or those who have trouble securing one. 

“In some cases, you need to have had an internship to get an internship. It’s also tough if you’re an ethnic minority,” says Seals. A February 2020 study he co-authored showed that employers are “less likely to respond to [intern] applicants with Black-sounding names” and much more likely to hire those who’ve had internships before. 

Add to that the fact that the vast majority of internship opportunities are geographically located near major cities, meaning those who don’t already live there or can’t relocate are out of luck.

“This is a problem – in the United States, the internships are on the coasts,” says Seals. “Those are the most expensive places in the country to live. If you’re in college in a region with no internships, now you need to not only get an internship, but find a way to afford moving there for a summer. If you have no knowledge of how the system works or how to gain access to these elite levels and places, you’re left behind.” 

前半に導入部分、後半に理由などが記載さている典型的な記事

まず上記の記事をサラッと読んでみてほしいです

この記事がTOEICなどの学習用に適していると思ったのは

ヘッドラインを要約すると

未経験職の仕事は大学を卒業したての学生が労働市場に入るための道筋であったけど最近は未経験の仕事でも前職の経験(インターンなど)を求めることが多いと書いてあります

そしてそれは何故かという理由がAlan Sealsさんの書いた後半の記事でそのインターンの経験がある人の方が入社してから教育コストを減らせる等という理由がかかれています

つまり、ダブルパッセージで非常に使いやすい構成ですね

又、こうした未経験職の仕事なのに職歴を求めるというインターシップのデメリットもその後に続いて記載されています

これがTOEICの問題として出題されたら”企業がエントリーレベルの仕事に職歴を求める理由はなぜですか?” ”職歴を作るためのインターシップのデメリットは?”などという質問を作ることが可能です

みなさんも是非コーヒーでも飲みながら上記の記事で速読の練習などしてみてください笑

TOEICの学習はTOEICの対策本をメインで使用することは常識ではあるんですが、日常生活に英語を取り入れる意識を持つと更に効果が出てきます

毎日海外メディアの新聞を流し読みするとかでも無意識のうちにTOEIC学習に結びついていたりするものです

自分の周りにあるリソースを無駄にしてはいけないということですね

【PR】おすすめTOEIC対策アプリ

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!
空いた時間にいつでもどこでもリーズナブルにTOIECの勉強がスマホでできちゃいます

TOEICで高得点を目指す人におススメしたいアプリです!

最短時間で、最高効率のTOEIC学習を【SANTA TOEIC】
アジアで最も活用されているユーザ数100万人超えのAIを活用したTOEICアプリです

20時間学習するだけでスコアアップできる最強の学習ツール

ENGLISH INFO Café https://worldjapantraveller.international/

投稿者: kerosuke10

大学卒業後、いろいろあって海外を30カ国以上放浪していた経験があります。そうした中、居心地が良すぎて現地で仕事を始めてしまい、住み着いてしまった国も何カ国かあり普通の人と比較してグローバルなマインドを持った人かもしれません 相変わらず山あり谷ありの人生ですがポジティブさを忘れることなく前向きに頑張っています。 ブログでは主に英語学習の情報を中心に発信していきます。 特技:海外にも住んでたこともあり英語は得意です。メーカーなどで翻訳・社内通訳業務の経験もあります。 資格:英検1級、TOEIC960、スキューバダイビング(オープン・ウォーター)、普通自動車免許、その他国家資格等 趣味:旅行(国内・海外)、散歩、映画鑑賞、アニメ鑑賞、ランニング、筋トレ(腹筋ローラー買いました)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。