TOEIC400~500点台の人が800点台にスコアアップする方法:その3



昨日、東京のコロナ感染者はなんと946人という異常な感染者数でした

もう100人超えは時間の問題ですね

さっき大阪駅付近や天神橋筋商店街を歩いていましたが相変わらず沢山人が出歩いていてとてもじゃないけど自粛してるようか雰囲気ではなかったです

大阪では維新の会の薄っぺらな吉村知事が連日テレビのワイドショーに出演して吉本芸人と絡んで目立ちたいアピールをするだけなんでそりゃみんな自粛なんてしないでしょね

今日は非常に忙しい1日でした

朝から身内の行事ごとがあり、疎遠だった従兄弟と20年ぶりに再会したり色んな出来事が巡りに巡り正直精神的にも疲れました

感慨深い1日になりました

帰宅後入浴剤入れてお風呂にゆっくり浸かったから少し体力が回復しましたがもう直ぐ寝ますわ

前回はTOEIC400~500点台の人が800点台にスコアアップする方法を書きましたが、前回予告したとおり今回はその3です

TOEIC400~500点台の人が800点に到達するためには2つのプロセスを通過する必要であると書きました

まず前回の復習です

・1つ目のプロセスは問題集に頼らずシンプルに英語の基礎力を強化する

・感覚に依存する解き方を卒業する

・第1プロセスを終了、問題集をひたすら解く

TOEIC400~600にレンジの人がTOEIC800に到達するまでには上記のプロセスが必要だということです

実はTOEIC800に到達するには上記のプロセス以外にも方法があります。

それは1つ目のプロセス終了後に短期語学留学するという手です

英語の基礎力がある英語学習者(TOEIC600程度)には短期留学は効果があるように思えます

無論、留学は多少お金がかかりますんでこの方法はあくまで経済的に余裕がある人にはオススメの方法です

基礎力がある英語学習者が英語の生活圏に留学して、英語生活に放り出されると嫌でもリスニング力は強化されます

又、何ヶ月か生活するだけでも基本的な会話力も身につくわけです

これで少なくともリスニングスコアは数ヶ月の生活で120点くらいは上がると思います

リーディングも厳しく見積もって80くらいは上がるはず

これらの数字は結構現実的な数字だと思うんですよ

私は以前カナダに住んでいた話をしました

向こうに住んでたときに留学のエージェントの人や現地に短期留学している人のうち何人かと仲良くなり話を聞いたことがあります

その時からTOEIC試験に関しては僕は非常に興味を持っていたことから興味本位でさりげなく彼らにヒアリングをしたことがあります

その中でTOEIC550~600程度の人たちは数ヶ月の短期留学を終えて日本に帰国後に受験するTOEICで800に到達する人が非常に多かったんです

無論彼らはそれなりに目的意識をもって現地で勉強をしていたんだと思いますが・・・

そういうわけで英語の基礎力を有している人が短い期間で留学してみるとTOEIC800程度のスコアならあっというまに帰国後到達できる可能性が高くなるように思えます

・会社を1ヶ月単位で休みを取れる人

・時間を自由に使える人

・経済的な余裕がある人

・TOEIC600程度且つ英語の基礎力がある人

以上の条件を満たす人でとにかく短期間でTOEICのスコアアップをして、TOEIC800を超えなければならない人は勇気を出して短期留学を検討するのも一つの方法です

もちろん留学するだけでは意味がないのでちゃんと現地で毎日語学学校に通い、みっちり勉強することが絶対事項なんで、そこのところは忘れてはいけません

真面目に日々の学習を続ければTOEIC800点突破もすぐそこですよ!



投稿者: kerosuke10

大学卒業後、いろいろあって海外を30カ国以上放浪していた経験があります。そうした中、居心地が良すぎて現地で仕事を始めてしまい、住み着いてしまった国も何カ国かあり普通の人と比較してグローバルなマインドを持った人かもしれません 相変わらず山あり谷ありの人生ですがポジティブさを忘れることなく前向きに頑張っています。 ブログでは主に英語学習の情報を中心に発信していきます。 特技:海外にも住んでたこともあり英語は得意です。メーカーなどで翻訳・社内通訳業務の経験もあります。 資格:英検1級、TOEIC960、スキューバダイビング(オープン・ウォーター)、普通自動車免許、その他国家資格等 趣味:旅行(国内・海外)、散歩、映画鑑賞、アニメ鑑賞、ランニング、筋トレ(腹筋ローラー買いました)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。